FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の感想

12/1の映画 けいおん!の感想です。

とりあえず、ネタバレありなので追記に書きます。

1回しか見ていないので、「セリフが違う」とか「こんな描写はなかった」とか

細かいツッコミはカンベン・・・あくまで、アニメ好きが1回映画見た程度の

感想として。

そして、一番の感想は


けいおん!最高!!!!!!!
映画けいおんはDEATH DEVILのエアギターから始まります。

みんな上達し過ぎ!と思ってもオチがしっかり。

そして、「音楽性の違い」の言い争いをする・・・という演技をして遊んでいます。

個人的には「久々のけいおん!なのにいきなり演技とはいえ、言い争いをしているのは

見たくなかった」というのが第一印象でした。

しかし、映画後半のDEATH DEVIL時代の軽音部顧問がさわちゃんに対して

「おまえらの頃にくらべたら、ふわふわしたひな鳥みたいなもんだ」と感想を述べています。

「言い争いが演技」という演出は、DEATH DEVILと放課後ティータイムの対比ではないかと

思います。DEATH DEVILなら「音楽性の違い」で争ってそうですし・・・エアギターした曲も

DEATH DEVILです。映画の最初は「おまえらの頃に・・・」の伏線だったかなと感じます。

また、梓が入部当時は「言い争いレベル」ではないかもしれませんが、

練習態度について指摘する点、演技ではなくけいおん部にも問題がありました。

しかし、「一度でもいいから音楽性の違いで言い争いをしてみたい、憧れる」と言っている点、

唯、律あたりは忘れているのでしょう。(憂に梓は今でも言っているみたいですが)

それだけ、梓入部から時が経ち、けいおん部が仲良くなったことの演出かなと思います。


と、話は進みまして


同じクラスメイトの卒業旅行話を聞き、けいおん部も卒業旅行に行こうという話になります。

結局、唯のイカサマなどもあるのですが行き先はロンドンとなります。

ここでは非常に澪の性格が上手く表現されています。

「卒業旅行でどこに行きたいか」という話の時に、

澪は「ロンドン」と発言していますが、

そこまで「行きたい!」という気持ちは表現出来ていません。

しかし、行き先がロンドンに決まったときは大声を出すほど喜んでいます。

映画を見ていた人は「行きたいなら行きたいってもっとアピールすればいいのに」

と思ったはず。

澪の引っ込み思案を上手く表現出来ていると思いますし、

この映画というかロンドンでしっかり者ポジションの澪が活躍出来てない

理由ですかね。

日常生活では基本的に澪が常識的なまとめ、ツッコミ役を5人の中で担います。

(メルヘン的に部分があるので一概には言えませんが・・・)

しかし、今回は外国。

劇場版では、英語スキルを持つ紬が、日常とは違いかなり頼れるポジションです。

そして、非常に下調べをしている梓。

舞台が外国と決まった瞬間に、英語が実はわかっていても

人見知りをする澪が劇場版で活躍するというのは望み薄だったのは

最初からわかっていたのかもしれません。

しかし、これが梓の「しっかり者度」を上げ、

けいおん部を今後ひっぱていくイメージを創っているのかもしれません。


と、話は進みまして


今回の話は卒業旅行(しかも、ロンドン)

いつものの部室でのけいおん部とは違うのかなと思うかもしれませんが・・・

どこであってもいつもの5人組を表現しています。

けいおんって人気があるから映画を見てみようかなという人には

盛り上がりもなく、微妙かもしれませんが

アニメ視聴組としては非常に嬉しくあり、製作側が大切にしてくれている感じがします。

また、本編の最初から梓へのプレゼントを考え、

ロンドンで「いい曲をつくる」というイマジネーションを磨くはずでしたが、

背伸びせずに、私たちの曲をつくることに気づきます。

卒業プレゼントだから特別のことをしなくてはということから

特別な卒業旅行をして

いつもの自分たちに気づくというのも面白いですね。

この映画では何をプレゼントするか(ものは曲と決まりますが)

悩むところが最大に時間をかけています。

そこが一番の趣旨ではないかと。

歌の作成については集まっているシーンがいくつか流れますが・・・

まるで今回の映画の作成話ではないかと疑うぐらいです。

映画化というビックなことをする

特別なことをするか。どうか。

いや、いつものけいおんにしようみたいな・・・

もともと、唯は直感即決型に見えますが、

高校入学当時、入りたい部活、大学や「何をしたらいいのか」悩んで行動しないタイプなので

あ、これだ!と決めたときの行動力、集中力とを考えるならば

この悩みに集点したのは唯の物語としても強いですね。


と、話は進みまして

ロンドン 3日目

ロンドン野外ライブとなります。

さわちゃんの三年ってあっいうまねという対比も上手く

修学旅行中梓は、唯が留年する夢をみますが・・・

ほんのり希望も入っているのかなと思うと梓可愛いですよね。

野外ライブの演出などは「天使」へのキーポイントがあるかなと思います。

(白い鳥や赤ちゃんを抱いているお母さんとか・・・)

そして、最後の教室ライブ。

どう考えてもOP演出を期待してしまいましたね。

それでも、作中の曲を使ったのは作品を大切にしたなと。



アニメでは、先輩である4人は

文化祭でのライブを感情の最大振り幅にしたかなと

思っていましたが・・・

最終日の屋上での大声

そして天使にふれたよのアニメとのつながり

映画は先輩4人の心情も丁寧に表現してくれました。


細々、書きましたが単純に心をあたたまる良いけいおんだったなと。

3期を期待する声と、これで「おしまい」が綺麗だと思う派と

いろいろみたいですが・・・

私としては、

また、アニメーションで見てみたいと思うあたり

終わらないコンテンツと表現される所以ですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

映画けいおん!を作り上げていく過程をそのままストーリーにもってきてるような感じ・・っていうのは、盲点でした。
確かにそんな気がしますよね。
もの寂しさもありますが、以降原作通りすすむのであれば僕としてはここで「完」というのが一番きれいかなと思ったりしました。
なんにせよ、見に行って良かった。けいおん最高!これにつきますよね。
ツイッター
プロフィール

WW7

Author:WW7

・注目ソフト
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
・職業 大学生
・趣味 サッカー
    読書
    絵を描くこと
・好きな声優さん
    水樹奈々
   生天目仁美
 後藤邑子 →今井麻美
    榊原ゆい
 柚木涼香 →桑島法子
   国府田マリ子
 松来未祐 →茅原実里
 猪口有佳 →後藤麻衣
 大原さやか→成瀬未亜
 伊藤静  →佐藤利奈
・好きな声質
    桑島法子
    観村咲子
    後藤麻衣
    成瀬未亜
    生天目仁美
    大原さやか
    榊原ゆい
 石塚さより→今井麻美
 佐藤利奈 →浅川悠
 日向裕羅 →中村繪里子
・好きな声優歌手
    水樹奈々
    坂本真綾
    生天目仁美
    平野綾
    榊原ゆい
    新谷良子
    南里侑香
    田中理恵
    牧野由衣
    国府田マリ子
・好きな歌手
    KOTOKO
    川田まみ
    YURIA
    Suara
    佐藤ひろ美
    橋本みゆき
    yozuca*
    タイナカサチ
    奥井雅美
    栗林みな実
・期待している声優
    阿澄佳奈
    三宅 華也
    沢城みゆき
    井ノ上奈々
    福圓美里
    庄子裕衣
    稲村優奈
    板東愛
    ひなき藍
    きのみ聖
・好きなアニメ
    スクライド
    うたわれるもの
    ひだまりスケッチ
SoltyRei
・好きな小説
    すべてがFになる
    銀河英雄伝説
    空の境界
    半分の月がのぼる空
・好きなRPG
    テイルズシリーズ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。